2013年09月22日

難しかった

みんなたち、励ましのコメントありがとー!

前回のエントリーの出来事があった翌日は
つい仕事ずる休みしてしもたけど
コメントに励まされたし
友達とご飯食べに行って思いっきりお喋りして
美味しいもん食べたから
今日は仕事頑張れたよ!


今日はさ、ホームカミングたらいうイベントが
どこの高校でもあって
プロムとはまた違うんやが
女の子はドレスアップしてダンスパーティー行くねん。
(当然、男の子もスーツ着用)

それで、今日は女子高生たちのメイクアップで大忙し。

紳士服売り場は、スーツやら置いてあるからか
冷房がんがん効いてて、涼しいねんけど
化粧品売り場は照明凄いからさぁ
その中でもラン○ムは、一番照明が凄くて
その照明のせいでデパート内で一番暑いねん。
いわゆるホットスポットちゅうやつやな(違うし)

もうさぁ、何人もメイクしてたら
私の特殊メイクが溶けてきて大変よ。

でさ、まだ若くて
普段ろくにお化粧もしたことない子らやから
母親が一緒についてくるわけよ。


でさ、その母親たちがうるさいのw

もっとああしろ、こうしろ
アイシャドウはこの色がええ、口紅はこの色
てな具合。

でも、うちらも覚えがあるけど
例えば成人式の着物なんかでも
親が着せたいのと、うちらが着たかったの違ったり
メイクにしても髪型にしても
たいていは、母親と意見合わんかったことない?

アメリカでも同じでさ
誰一人として娘と意見合わんのよw

その中でも難しい親子に当ってしもてさぁ

娘はこんな風にして欲しいって写真見せるんやけど
私が見る分にはどう見ても
シルバーやブラック使ったアイメイクやから
それでやってみたら

「こんなダークなのは嫌や!アースカラーでメイクしてほしい!」

って言い出して

(えぇ?これのどこにアースカラー?)って思ったけどw

「大丈夫やよ、ほなやり直そうね」

って私がやり直そうとしたら、母親が

「ええやないの!それで!ドラマチックな目元やないの!」

「私は嫌なの!」

「あんたが着るんはドレスやで!みんなをあっ!と言わすようなメイクせんと!」

「みんなを驚かせるようなメイクは嫌!」

ってずーっと言い争ってて
娘涙目やし、間に入った私はどうしてええんかわからんし

やり直しても、ずっと口論してて
娘涙目のままやし
あげくの果てには

「あの子にメイクしてもらうべきやったんよ!」

って母親がベロニカ(ラ○コムで働いてる同僚)を指差して言い始めるし

それって、私に対してかなり失礼やと思うねんけどねw
(内心トホホって感じ)

まあメイク気に入ってもらわれへんかったんは残念やし
私の腕がまだまだなんやと認めるけどさ
それやったら、最初に
「誰にメイクして欲しいですか?」
って私が訊いた時にベロニカ指名してよ。

「私はうちの娘にあの子みたいなメイクをして欲しいんよ」

でも、ベロニカ目の周り真っ黒やし
あんたの娘、真っ黒は嫌やって言うてるやんか・・・


涙目の娘に

「ベロニカみたいにしたいの?」

って訊いたら

「もうどうでもいい!」

「でもあんたの顔やし、あんたが居心地良いのが一番やねんよ」

って言うても、涙目で

「もうどうでもいいねん!」

って言うばっかりやし。

私、頑張ってメイク仕上げたけど
メイク終わっても
母娘がずっと口論してるし
もうこれは、私の腕が悪いってことにした方が
丸く収まるんちゃうかなって思って
(まあ、実際そうなんかもやけど・・)

「じゃあ、ベロニカにちょっと手直ししてもらいましょうね」

って、こういうこと普段はせんのやけどね。
ベロニカに頼んでタッチアップしてもろたよ。

お客さんがハッピーになればそれで良いしね。


で、母親の希望通り
娘の目の周りは真っ黒になって
母親は満足やったみたいやけどね。

娘がどう思ってたかは知らんし
もう怖くて関わりたくなかったから
その場をそっと離れたよ・・・


お客さんに気に入ってもらえるメイクをするんは
ほんま難しいねんけど
(だってたいていは初対面やし、年代も人種も皆違う)
やっぱりプロやったら、それをこなさんとあかんでな。

まだまだ練習&勉強せなあかんなぁ・・・




posted by 浮草ジェニ at 14:24| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。